🏈2008年度3部リーグ戦:城西大学戦

🏈2試合のアミノバイタルフィールド遠征を終え、ホームグランドに帰ってきた赤メッシュの商大リカオン。前試合で成蹊大が上智大に勝利したためDブロックの優勝は成蹊大に決定した。しかしリーグ戦はまだ終わっていない・・・江口先生、北川先生をはじめとする学校関係者、OB、父母会とたくさんのサポーターが商大グランドに集まり、小雨まじりのウエットなコンディションの中、城西大ビーライノスを迎えての第4戦が行われた。

井野主将に続き前節で故障した#52野澤も欠場、今日の試合もかなり厳しいゲームになりそうだ。第1Q商大レシーブで試合開始、城西ラッシュチームのスピードあるカバーで商大O自陣31yds地点から1down10。QB#5沼野、ガンフォーメーションからまずは#1鈴木寛に持たせ様子を見る。城西Dはスカウティングからか外側からプレッシャーをかける守備で応戦、しかし5ydsゲイン!次はRB#8鈴木敦か?しかし#5沼野は思い切りよくWR#20田口へのロングパス、田口は城西DBを完全に抜ききってキャッチ!そこから独走でエンドゾーン一直線、65ydsを走り切りTD!2Pコンバージョンも成功し8-0。

いきなりの先制点でベンチサイドも沸く!商大ラッシュにて再開、商大ラッシュチームのカバーが遅れて城西O自陣41yds地点から1down10。商大Dはライン不足から3DL-5LBの変則フォーメーションで臨む。しかしいきなりのオフサイド!DLが焦っているのか?城西O#36のパワフルRBで中央を突破、商大Dズルズルと後退。城西RB#36のランで連続1down更新、やはり3DLでは厳しいか・・・商大陣29yds地点から1down10。ここで故障をおしてDLに主将#55井野を投入、4DLの隊形に戻して城西ランに備える。DL#55井野が入ることによりLBの負担が軽減され、MLB#53宮間が連続タックルし城西Oシャット!4downに追い込み、城西Oは確実にFGを狙う。しかしこのFGを商大Dがブロック!転々とするボールを#7吉川が押さえ攻守交代。

ハーフウェイ付近から1down10、RB#1鈴木寛がタックラーを引きずりながらゲイン、#20田口にショートパスが通るも1down獲れずにパント。城西O自陣10yds地点から1down10。ランをベースにしたボールコントロール攻撃で1down更新。オープンランはセカンダリーが集まり止めるもパスとランでジリジリ出される展開、大丈夫か?商大D。ここでDB#9野木、#20田口がナイスタックル!パスもインコンプリートでパントに追い込む。商大O自陣47yds地点からドライブ開始。QB#5沼野、自ら走って1downを更新。パスを効果的に織りまぜながら爆進、あっという間に敵陣奥深くまでボールを進める。ここで#5沼野タッチダウン狙いパス!しかし伸びすぎたボールを城西DBがインターセプトして攻守交代。

エンドゾーンを背負って城西O自陣5yds地点から1down10。ランで1down更新するも続かずパント。ここで1Qが終了し、エンド変わって2Qに入った。そろそろ追加点が欲しいリカオンピクタス、商大陣30yds地点から1down10。徹底マークのRB#8鈴木敦はDLにつぶされノーゲイン、次のプレーは#5沼野狙いを定めてWR#87横田へのミドルパス、横田ダイビングキャッチでパス成功!一気に城西陣内へゲインした。押せ押せムードで沼野、次は#20田口にパスを成功させナイススロー!リカオンパワーが炸裂し、#1鈴木寛がガツンと城西Dを粉砕しながら「止まらない・倒れない」粘りのランアタックでエンドゾーンまであと25yds。ここでその#1鈴木寛が完璧なリードブロックで#8鈴木敦に花道を作りTD14-0(TFP×)。

商大ラッシュにて再開、城西O自陣35yds地点から1down10。少しずつ城西Oにアジャストし始めた商大D、LB#53宮間、#57兒玉がタックル、#7吉川、#20田口がフォローと城西Oを封鎖しパント。このパントをR#20田口がサイドライン際を俊足で駆け抜けあわやリターンTDかと思われたがラインを踏んでデッド、敵陣40yds地点からの攻撃と代わった。フィールドポジション良くランとパスのバランス攻撃で城西エンドゾーン前まで行くも城西DLに押し戻され4downになりFGを選択、しかしこのFGは惜しくもバーをはずれNG。城西Oに攻守交代したが前半残り時間少なく2プレーを流し前半終了となった。

小雨も止んできた後半、2TD差でまだまだわからない展開、城西大も強豪校の意地で秘策を練って猛攻撃を仕掛けてくるに違いない・・・!後半開始で商大リカオン、キックラッシュでスタート。商大カバーチーム集まりよくタックルでデッドし、城西O自陣30yds地点から1down10。城西Oショットガンに変えて反撃のドライブスタート。パスを中心に#36RBのパワーランを散らして進むも商大LB#53宮間、#57兒玉がタックル、#7吉川、#20田口がいいリアクションでパスを封じてパントに追い込む。商大陣35yds地点からの攻撃、QB#5沼野自ら気合いのランで15ydsゲインしダウンを更新。ここでマークが手薄になったRB#8鈴木敦がオープンフィールドから加速し独走!そのまま走りきってTD21-0(TFP○)。

いよいよ商大に流れが傾いてきたか?このままでは終われない城西O、自陣38yds地点からの攻撃開始。#36RBのパワーランが商大Dを蹴散らしゲイン、パスとランで連続1down更新。商大D浮き足だってタックルが甘い。ここで城西O意表をつくショベルパスでエンドゾーン前へ・・・ここで#36RBが楽々走りきってTD21-7(TFP○)。

1本返し沸く城西ベンチ、まだまだ試合の流れは流動的だ。商大リターンで試合再開、R#8鈴木敦キャッチ&ゴーで城西カバーの1、2線を突破しナイスリターンで敵陣より攻撃開始。再度RB#8鈴木敦のランで軽く1down更新。#5沼野のランでエンドゾーン前まで迫るもホールディング、背後からのブロックの反則を連続で取られ、30yds罰退で結局1down獲れずにパント。城西Oも疲れてきたか攻撃が単調になりパント。ダメ押し点が欲しい商大リカオン、疲れの見えてきた城西DLに果敢にランアタックを仕掛け#8鈴木敦、#1鈴木寛、#5沼野と縦横無尽に走りまくる。そしてここで4Qに突入。

WR#20田口に速いパスが通りエンドゾーンまであと少し、TDで追加点かと思った瞬間、#5沼野がファンブル!城西Dにボールを押さえられ攻守交代!エンドゾーンを背負った自陣5ydsからでも城西O捨て身のパス攻撃!しかし成功率悪く1down獲れずパント、このパントも商大Dのプレッシャーがかかりサイドラインに逃げて商大O敵陣28yds地点からの攻撃、#5沼野、先ほどのターンオーバーを取り消すがごとく走りまくり、強引にTDを獲って27-7(TFP×)。

商大リカオンも後半4Qになり疲労もピークに達している!頑張れリカオンピクタス!城西リターンにより試合再開、商大キックカバーチームの隙間を突かれロングリターン、TDは阻止したものの城西O敵陣35yds地点から攻撃。このリターンに緊張の糸が切れたか商大D陣にタックルミスが重なり、城西OランプレーでTD27-14(TFP○)。

商大リターンで試合再開、前回のリターンでナイスリターンのR#8鈴木、再度イメージ通りのリターンで城西陣40yds地点まで戻してデッド。#1鈴木寛のランプレーの間にフェイスマスクの反則があり、敵陣25yds地点から1down10。もう誰も止められなくなった#8鈴木がオープンをマクってTD33-14(TFP×)。この後、商大D集中力途切れず城西パスプレーをDB#7吉川のインターセプトなどで凌ぎ、攻撃はQB#5沼野がダメ押しのTD決めて39-14で城西大ビーライノスに快勝した。

2008年10月25日@千葉商大Gr.13:30キックオフ(第4節)
チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス8671839
城西大学ビーライノス007714