2004年度リーグ戦

2004年度2部入替戦:城西大学ベアーズ戦

20041211pic快晴の12月11日(土)大井第二球技場にて2部入替戦・城西大学ベアーズとの一戦が行われた。城西大といえば昨年同じリーグで散々辛酸をなめさせられた因縁のチームであり、栄、徳栄、浦学とリカオン選手と同じ出身高校の選手も多く、力量は均衡している。昨年1部入替戦に出場した城西大としては絶対3部には落ちられない必死の攻防である。1Q商大キックでキックオフ。城西陣31yds地点から攻撃。商大Dは城西ラン攻撃を完璧に止めてパント。商大Dはリターンできず、自陣14yds地点から攻撃RB#29三浦、#27岡野のランで連続1down更新。自陣40ydsまで来たところでQB#9藤原がファンブル。城西Dにリカバーされターンオーバー攻守交代。城西Oハーフウェイ付近から意表をつくドローでゴール前へ。残り10yds#81へのパスが通りTD0-7(TFP○)。先制得点は城西大だった。

続きを読む 2004年度2部入替戦:城西大学ベアーズ戦

2004年度3部リーグ戦:明治学院大学セインツ戦

20041121pic11月21日晴れわたる晩秋の日曜日、明治学院大セインツとの最終戦が行われた。ホーム赤メッシュの商大がリターンを選択、明学のキックで試合開始。R#4岩上あまり戻せず商大O#自陣28yds地点から1down>10。QB#9藤原ショットガンからランアタックを試みるも明学ゾロ目LB#55、#99に瞬殺されてロス、2downでWR#86堀口へパス、堀口きわどい球を素早くキャッチし前進するが明学セカンダリーにタックルされてデッド。3downでSB#27岡野にパス、down更新を狙うがその前にイエローが出て明学のインタフェアーによりなんなく1down更新。自陣41ydsから攻撃、WR#86堀口へのパスが不成功の後、RB#29三浦へハンドオフ、素早いリアクションのLB#55がハードタックル!ボールがこぼれて明学リカバーTOで攻守交代、自陣でファンブルロストとなった。

続きを読む 2004年度3部リーグ戦:明治学院大学セインツ戦

2004年度3部リーグ戦:大東文化大学ワイルドボアーズ戦

20041023pic10月23日(土)アナウンスとホイッスルが鳴り響く駒沢公園内、駒沢第2球技場にてリーグ戦第3節大東文化大学ワイルドボアーズとの試合が行われた。大東大は前節、明学大との接戦を惜しくも落とし総力戦で臨んでくるに違いない。大東大伝統の大型ラインメンにどう対処するかが勝敗のキーとなる。商大ラッシュにて試合開始、早いつぶしで大東O自陣23yds地点から商大のディフェンス。大東Oはいきなりバックからのロングパスというスペシャルプレーを繰り出したが、ここは商大D無難にカットして事なきを得た。その後ランプレーはピシャリと止めてパントへ追い込む。大東Dはリターンを嫌いパントを外に蹴り出し、商大O自陣40yds地点から1down>10。QB#9藤原は大東大型DLに真っ向勝負でドライブ開始、RB#24一見、#29三浦でボールコントロール攻撃を展開する。

続きを読む 2004年度3部リーグ戦:大東文化大学ワイルドボアーズ戦

2004年度3部リーグ戦:成蹊大学ゼルコバーズ戦

20041010pic前日に関東直撃台風が来襲、天候がかなり心配された10月10日(日)商大グランドでリーグ戦第2節、成蹊大学ゼルコバーズとの試合が行われた。本来ならばグランドは泥濘化しコンディション最悪状態のはずだが今年は違う!ほんの数日前に工事が完了しリニューアルした人工芝グランドになったからだ。前試合の選手ジャージもドロドロ汚れは皆無、水ハケ最高で前日の雨量が全く考えられないような最高のコンディションだ。緊張の中セレモニーは粛々と進行し、商大ラッシュによりキックオフ、商大タックラーの甘さをつき成蹊R自陣40ydsまでリターンして1down>10。真ん中、オープンと商大Dは前節白鴎戦で見せた完璧Dを展開しシャットアウト、成蹊Oをパントに追い込む。成蹊Kのロングパントで商大O自陣13yds地点から1down>10。QB#9藤原はRB#29三浦でランアタックを試みるが成蹊DL・LBの素早いリアクションで封鎖されパント。

続きを読む 2004年度3部リーグ戦:成蹊大学ゼルコバーズ戦

2004年度3部リーグ戦:白鴎大学ラスカルズ戦

20040926pic3部での初戦となる白鴎大ラスカルズ戦が雨天の中、埼玉大グランドで行われた。細かい霧雨が降る中、グランドコンディションはかなり悪くゴールポストの前あたりに大きな水たまりができている。商大レシーブでキックオフ、白鴎のラッシュが速くR#29三浦がたまらずダウンし商大陣内38ヤード地点から1down>10、QB#9藤原はRBのハンドオフで様子を見る。ショートヤードをRB#24一見のランで進めダウンを更新。ハーフウエイ付近からQB#9藤原がダウンフィールドブロックを巧みに使った素晴らしいランで白鴎Dを切り刻みTD!TFPは雨でスナップが反れたがホルダー#86堀口判断よくエンドゾーンすみに走りこみ2P成功で8-0。商大ラッシュで試合再開、白鴎陣内38ヤード地点からの白鴎O攻撃開始。ダイブ、QBキープと完全シャットアウトしパント。しかしこのパントがナイスパントとなり、商大エンドゾーン前5ヤードから商大O攻撃開始。さすがにエンドゾーンを背負ってのランプレイは止められパント。雨が強くなりここからお互い決め手を欠いてパントの応酬となる。

続きを読む 2004年度3部リーグ戦:白鴎大学ラスカルズ戦