lycapicスタッフ のすべての投稿

チームの裏方として日夜頑張っているスタッフの1人です!ご連絡はサイドバーの連絡フォームかinfo@lycaonpictus.comまでお願いします。

OB集合

20180812.pic12日(日)お盆休みということもあり、日頃来られないOBの皆さんが集合してくれました。体形は少し変わった人もおりますが、スピード・パワーはまだまだ負けていません。リーグ戦まであと2か月、応援してくれるOBの思いをしっかり受け止めて厳しい残暑の練習をやりぬきます!

2018年度リーグ戦対戦予定

第1戦:10月14日(日)13:45 K.O 商大vs千葉工業大学@千葉工業大学新習志野Gr.
第2戦:10月27日(土)13:45 K.O 商大vs日本工業大学@本学ホームGr.
第3戦:11月11日(日)11:00 K.O 商大vs帝京平成大学@千葉工業大学新習志野Gr.

応援よろしくお願いします。

西千葉遠征練習

2018080501.pic5日(日)西千葉の千葉大学さんに遠征練習を兼ねた合同練習に行ってきました。千葉大ポセイドンは今年度2部リーグで戦う強豪チーム、ここ数年は必ず出稽古に行かせてもらってます。猛烈な暑さと土埃に水を撒きながら練習する土グランドの環境に選手は戸惑いながらも、千葉大メニューとチーム練習を元気に取り組んでいました。極暑はまだまだ続きそうですが、どこのチームもこの中で練習しています。頑張れリカオンピクタス!
続きを読む 西千葉遠征練習

リカオンピクタス創部50周年記念式典

2018070802.pic故・川越監督の喪に服し1年間延期された創部50周年記念式典が市川グランドホテルにて盛大に行われました。お忙しい中、関東学生アメリカンフットボール連盟柿澤理事長をはじめ各大学監督・OB会長、本学関連のご来賓と全国各地から大勢のOBOGが駆けつけてくれました。途中懐かしい映像の上映や各代OB紹介等あっという間に時間は過ぎて、故・川越監督の追悼映像、校歌斉唱、フットボール小唄と昔から変わらずの流れの後、最後に熊本より参加いただいた河西先輩(4期)より締めのお言葉をいただきお開きとなりました。この50周年を通過点としてまだまだ60、70年と未来永劫に続いてくれることを心より願っています。
続きを読む リカオンピクタス創部50周年記念式典

N-WAR-S2018

2018062403.pic6/24(日)アミノバイタルフィールドでエリア・7人制オールスター戦N-WAR-S2018が行われ、千葉商選抜が出場しているサウスチームが24-7でノースチームに勝ちしました。千葉商リカオンからはDE大木(2年)LB杉浦(3年)WR松本(3年)と2人のマネージャが出場しサウスチームに貢献しました。
続きを読む N-WAR-S2018

2018年度新入生歓迎会

2018060101.pic6月1日、2018年度の新入生歓迎会がUniversity Dinnerにて行われました。関口部長、荒井OB会長、チームスタッフが新入部員に温かいメッセージを送ってくれました。新入部員&マネージャーもそれに応え、元気に満ち溢れた自己紹介をしてくれました。今年は選手2名とマネージャ2名と少ない入部になりましたが、フットボールという未知のスポーツにチャレンジしてくれる熱いハートに感謝です。リクルートはまだまだ続けて一人でも熱いハートを増やしましょう!

第11回三高商定期戦

2018052702.pic5月27日(日)商大グランドにて三高商定期戦が開催されました。今年は東経大も参加して通常の3チーム巴戦となり、例年通り熱の入った真剣なゲームとなりました。商大リカオンはOBのサポートを得ての参戦でしたが、WR#21土倉(3年)がTDパスをナイスキャッチして試合を盛り上げました。高千穂大・東経大共に選手層が厚く、まだまだ力不足の商大リカオンですが1・2年生の成長が秋のリーグ戦のキーポイントとなりそうです。

順位>>1位高千穂大と東経大、3位商大
商大MIP>>WR#21土倉良太(3年)
続きを読む 第11回三高商定期戦

2018年度大学体育祭

2018052001.pic20日(日)、部・サークル単位で参加する大学体育祭に参加しました。実行委員長は土倉(3年)が仕切りアメフト部は負けられない立場ですが、今年も主力の3年生がマネージャをはじめ素晴らしいパフォーマンスを発揮し頑張りました。来週は三高商定期戦なので2年生、1年生もケガなく一安心です。
続きを読む 2018年度大学体育祭

卒業式’17

2018032101.pic21日に卒業式があり後藤晴揮君が無事卒業しました。チームにとっても本当に厳しい4年間でしたが、何とか最後に1勝して櫻井主将にバトンが渡せて良かったと思います。社会人になってもチームのために、審判員を進んで引き受けてくれた後輩思いの後藤君、4年間ご苦労さまでした!