「div.2」タグアーカイブ

2005年度2部リーグ戦:青山学院大学ライトニング戦

20051112picチームスタッフである大矢トレーナーが急逝し、チームの1勝を熱望していたトレーナーに是が非でも勝利を手向けたい商大リカオンピクタス。リーグ戦第6節は11月12日(土)東工大グランドにおいて青山学院大学ライトニングと対戦した。朝まで雨が降っていたのでグランドは部分的にかなりぬかるんでいる。普段、人工芝グランドで練習している商大リカオンにとって久々の土、その上コンディションが悪い環境をどう対処するかも試合の行方を左右しそうだ。商大今期初めてのリターンからのキックオフで試合開始。自陣45yds付近まで戻すもファーストシリーズは青学強力Dに押しつぶされパント。青学自陣38yds付近から1down>10。パス、ラン、パスと続けざまに1downを更新し、スルスルと商大陣内に難なくドライブしてきた。ここでDB#24鞠子が青学レシーバーに幻惑され、後を抜かれてTD0-7(TFP○)。先制点は青学に入った。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:青山学院大学ライトニング戦

2005年度2部リーグ戦:国士舘大学ライナセロス戦

20051030picいまだ勝ち星のない商大リカオンピクタス、パワーオフェンスの国士舘大学ライナセロスをホーム商大グランドへ迎えてのリーグ戦第5節が10月30日(日)行われた。薄曇の中、新しくなった人工芝グランドに立つリカオン選手、たくさんの父母、OBやOGの応援でやや緊張気味・・・大丈夫か?国士舘リターンでキックオフ、しかしこのリターンが商大ラッシュチームの切れ目を突破、あっという間にエンドゾーンに走りこまれ、いきなりのリターンTD0-7(TFP○)となった。商大リターンの後、ファーストプレイはロングパス、残念ながらレシーバーが追いつけずインコンプリート。次はリバースプレイ・・・しかし国士舘Dにアジャストされパント。パントは相手陣に押し戻したが、またまたディフェンスのタックルミスで国士舘自陣から80ydsを独走されTD0-14(TFP○)。ン~っ、商大選手はかなり浮き足立っている感じだ。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:国士舘大学ライナセロス戦

2005年度2部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

20051016pic開幕3連敗最小得点・最大失点と依然厳しい状態にありながら迎えた第4節上智大学ゴールデンイーグルスとの試合が10月16日(日)アミノバイタルフィールドで行われた。立ち上がり即得点されてしまう商大ディフェンス、今日もどこまで失点を防げるかがキーポイントとなると思われる。上智リターンにて試合開始。K#8鈴木のキックは高く飛び出す。上智リターンチームのウェッジがきれいにできた瞬間、上智リターナーが商大カバレッジの隙間を突き裏側に出た。セーフティーで残る鈴木もタックルできず独走83ydsリターン。いきなりのリターンTD・・・0-7(TFP○)。気を取り直して商大リターン。商大自陣26yds地点から1down>10。まずはQB#7吉岡のキープで様子を見る。ショートパスの後、#7吉岡がキープからRB#8鈴木へピッチ!このピッチがそれてしまい上智Dにリカバーされ攻守交代。危険地域でターンオーバーは痛すぎる。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

2005年度2部リーグ戦:学習院大学ジェネラルズ戦

20051001pic2部最少人数18名で戦う商大リカオンピクタス・・・大差の連敗で精神的にも肉体的にも満身創痍の中、10月1日(土)大井第2球技場にて第3節、学習院大学ジェネラルズとの対戦が行われた。商大キックラッシュにて試合開始。ラッシングチームがうまく囲い込み学習院自陣30yds付近から攻撃開始。ショットガンからクイックパスを連続で決められ1down更新。浮き足立つ商大Dチーム。ここで学習院のQBがド真ん中にパワーラン、商大Dの甘いタックルもあり一気に商大陣30yds地点までロングゲイン!あぁ、今日も先制を許すのか・・・と思った瞬間、オープンをまくられTD0-6(TFP×)。商大リターンの後、商大自陣35yds付近から1down>10。RB#4岩上、#8鈴木のランは完全にマークされ学習院LBのタックルの餌食。ほとんどゲインできずにパント。学習院自陣45yds付近から攻撃。ショットガンからタイミングぴったりのミドルレンジへのパスが#1のWRに通り、商大DBも反応が遅れて独走を許しTD0-13(TFP○)。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:学習院大学ジェネラルズ戦

2005年度2部リーグ戦:神奈川大学アトムズ戦

20050919pic前試合が長引いて16:45からキックオフとなったリーグ戦2節神奈川大学アトムズ戦は9月19日(祝)アミノバイタルフィールドで行われた。初戦、大量失点で完封負けをした商大リカオンピクタスだがこの試合はどうか?ディフェンスのアジャストができるかどうかがカギとなる。商大キックにて試合開始。ハーフウェイ付近までリターンされたが最初の神大Oシリーズは商大DのムードメーカーLB#53森岡のロスタックルなどで神大Oを封殺してパント。いい立ち上がりでゲームが始まった。商大自陣27yds付近から攻撃開始。RB#8鈴木のラン、#4岩上へのパスで小気味よく1downを連続更新でナイスドライブ。WR#89渡部へのミドルパスで神大陣に深く進むものの、次のシリーズにラインが押されQB#7吉岡にプレッシャーがかかり惜しくもパントととなった。パントがタッチバックの後、神大自陣20yds付近からのランプレーで神大RB爆走、商大Dのタックルミスも重なりいきなりの80yds独走TD!0-7(TFP○)と先制は神大だった。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:神奈川大学アトムズ戦

2005年度2部リーグ戦:帝京大学アサシンズ戦

20050904pic残暑が残る9月4日(日)アミノフィールドにて2005年度リーグ戦初戦を迎えた。初戦の相手は帝京大学アサシンズ、フロントラインに破壊力抜群のモンゴル部隊を配置した1部常連校である。商大キックラッシュにて試合開始。午前中の夏の日差しがウソのように恵みの曇天が広がってきた。商大ラッシュの隙間をつき帝京R巧みにランを進め、商大陣34yds付近から攻撃開始。ショットガンからのランを連発、商大Dアジャストできずにゴール前に後退、タイミングパスを決められ開始早々にTD0-7(TFP○)。キックRの後、商大O自陣24yds地点から1down>10。RB#4岩上にハンドオフするも帝京Dの壁は厚く0ydsでシャットアウト。しかし次のダウンでRB#8鈴木が素晴らしいランを展開、一気に57ydsゲインし帝京陣内奥深く進んだ。帝京陣内19yds地点から1down>10。ここでQB#7吉岡がエンドゾーンにTDパスを狙うも帝京DBにインターセプト、動揺した商大Oタックルできずにハーフウェイ付近まで一気に戻された。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:帝京大学アサシンズ戦

2003年度2部リーグ戦:武蔵工業大学ヘリオス戦

20031116pic11月16日(日)低気圧の通過で突風吹き荒れる川崎等々力スタジアムにおいてリーグ戦第6戦武蔵工業大学ヘリオスとの試合が行われた。ここ2試合信じられないようなミスが続き、星を落としている商大リカオンピクタスにとって絶対に落とせない大事な試合となる。何とか踏みとどまりたい商大のキックで試合開始。武蔵工Oの1シリーズ目を難なく止めてパント。自陣38yds地点からの攻撃。フォーメーションの確認が悪く、ラインメンが多くなり5yds罰退。最初からイヤな予感だ。予感が的中し自陣でファンブル・・・武蔵工Dに押さえられ攻守交代!またまた最悪のスタートとなった。武蔵工Oに代わり手堅くRB#33津田のランを中心にドライブ、最後も1ydsを持ち込みTD0-6(TFP×)。早々に先取点を許した。次のシリーズも徹底的に武蔵工DはQB#10藤原にプレッシャーをかけマーク。押し戻され1downも獲れずパント。武蔵工Oもドライブするが4downとなりギャンブルに出るが失敗で攻守交代。

続きを読む 2003年度2部リーグ戦:武蔵工業大学ヘリオス戦

2003年度2部リーグ戦:防衛大学校カデッツ戦

20031102pic11月2日(日)11月とは思えないくらい暖かい防衛大学校走水グランドでリーグ戦第5節防衛大学校カデッツとの試合が行われた。防大は部員80人と素晴らしいアスリート揃い強豪校である。商大リカオンは、前泊者を含め、横須賀まで朝一で遠征して来た。前回城西大戦での修正がどこまでできているかが「カギ」となりそうだ。商大K#27岡野のキックで試合開始。防大Oの1プレー目はランプレー、商大DL・LB陣がタックルをミスし、スクリメージラインを突破され独走。DBもカバーが遅れTD0-7(TFP○)。大丈夫か商大リカオン???しかし次の商大OシリーズはQB#10藤原が落ち着いてドライブを開始。RB#29三浦・#24一見のランにWR#5小山・#26岩上・#86堀口のレシーバー陣がが確実にゲインするも3回目の1ダウンが獲れずパント。しかしこのパントを防大Rがファンブルし商大Pチームが押さえて、攻撃続行。#29三浦を3連続で走らせTD7-7(TFP○)。

続きを読む 2003年度2部リーグ戦:防衛大学校カデッツ戦