「oct_10」タグアーカイブ

2006年度3部リーグ戦:立正大学ブルドッグス戦

20061007pic快晴の空にプロペラ機が行き来するアミノフィールドにて10月7日(土)第2節立正大学ブルドッグス戦が行われた。前節RB#8鈴木のアクシデントで全くいいところがなかった商大リカオンピクタスだが、鈴木も回復し今日は大爆発しそうな雰囲気である。上空に強風が旋回するように吹いていたため慎重に商大はレシーブを選択し試合開始。キャッチの目測を誤ったR#5沼野があまりも戻せず自陣6yds付近から1down>10。ベーシックプレーで様子見かと思われたが、QB#7吉岡は躊躇せずRB#8鈴木を使う。鈴木はオープンフィールドへ出るとギアチェンジしサイドライン際を独走し90ydsのTDラン7-0(○)となった。立正大レシーブ後自陣41yds付近から1down>10。立正Oはショートパスでまずは5ydsゲイン、QBキープをDB#20田口がビシっとタックルしノーゲイン、次の3ダウンも止めてパント。スナッパーのボールが浮いてキッカーがジャッグルする間にLB#42中川がハードヒット。攻撃せず敵陣にて攻守交代。敵陣31yds付近より商大の1down>10となった。

続きを読む 2006年度3部リーグ戦:立正大学ブルドッグス戦

2005年度2部リーグ戦:国士舘大学ライナセロス戦

20051030picいまだ勝ち星のない商大リカオンピクタス、パワーオフェンスの国士舘大学ライナセロスをホーム商大グランドへ迎えてのリーグ戦第5節が10月30日(日)行われた。薄曇の中、新しくなった人工芝グランドに立つリカオン選手、たくさんの父母、OBやOGの応援でやや緊張気味・・・大丈夫か?国士舘リターンでキックオフ、しかしこのリターンが商大ラッシュチームの切れ目を突破、あっという間にエンドゾーンに走りこまれ、いきなりのリターンTD0-7(TFP○)となった。商大リターンの後、ファーストプレイはロングパス、残念ながらレシーバーが追いつけずインコンプリート。次はリバースプレイ・・・しかし国士舘Dにアジャストされパント。パントは相手陣に押し戻したが、またまたディフェンスのタックルミスで国士舘自陣から80ydsを独走されTD0-14(TFP○)。ン~っ、商大選手はかなり浮き足立っている感じだ。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:国士舘大学ライナセロス戦

2005年度2部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

20051016pic開幕3連敗最小得点・最大失点と依然厳しい状態にありながら迎えた第4節上智大学ゴールデンイーグルスとの試合が10月16日(日)アミノバイタルフィールドで行われた。立ち上がり即得点されてしまう商大ディフェンス、今日もどこまで失点を防げるかがキーポイントとなると思われる。上智リターンにて試合開始。K#8鈴木のキックは高く飛び出す。上智リターンチームのウェッジがきれいにできた瞬間、上智リターナーが商大カバレッジの隙間を突き裏側に出た。セーフティーで残る鈴木もタックルできず独走83ydsリターン。いきなりのリターンTD・・・0-7(TFP○)。気を取り直して商大リターン。商大自陣26yds地点から1down>10。まずはQB#7吉岡のキープで様子を見る。ショートパスの後、#7吉岡がキープからRB#8鈴木へピッチ!このピッチがそれてしまい上智Dにリカバーされ攻守交代。危険地域でターンオーバーは痛すぎる。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

2005年度2部リーグ戦:学習院大学ジェネラルズ戦

20051001pic2部最少人数18名で戦う商大リカオンピクタス・・・大差の連敗で精神的にも肉体的にも満身創痍の中、10月1日(土)大井第2球技場にて第3節、学習院大学ジェネラルズとの対戦が行われた。商大キックラッシュにて試合開始。ラッシングチームがうまく囲い込み学習院自陣30yds付近から攻撃開始。ショットガンからクイックパスを連続で決められ1down更新。浮き足立つ商大Dチーム。ここで学習院のQBがド真ん中にパワーラン、商大Dの甘いタックルもあり一気に商大陣30yds地点までロングゲイン!あぁ、今日も先制を許すのか・・・と思った瞬間、オープンをまくられTD0-6(TFP×)。商大リターンの後、商大自陣35yds付近から1down>10。RB#4岩上、#8鈴木のランは完全にマークされ学習院LBのタックルの餌食。ほとんどゲインできずにパント。学習院自陣45yds付近から攻撃。ショットガンからタイミングぴったりのミドルレンジへのパスが#1のWRに通り、商大DBも反応が遅れて独走を許しTD0-13(TFP○)。

続きを読む 2005年度2部リーグ戦:学習院大学ジェネラルズ戦

2004年度3部リーグ戦:大東文化大学ワイルドボアーズ戦

20041023pic10月23日(土)アナウンスとホイッスルが鳴り響く駒沢公園内、駒沢第2球技場にてリーグ戦第3節大東文化大学ワイルドボアーズとの試合が行われた。大東大は前節、明学大との接戦を惜しくも落とし総力戦で臨んでくるに違いない。大東大伝統の大型ラインメンにどう対処するかが勝敗のキーとなる。商大ラッシュにて試合開始、早いつぶしで大東O自陣23yds地点から商大のディフェンス。大東Oはいきなりバックからのロングパスというスペシャルプレーを繰り出したが、ここは商大D無難にカットして事なきを得た。その後ランプレーはピシャリと止めてパントへ追い込む。大東Dはリターンを嫌いパントを外に蹴り出し、商大O自陣40yds地点から1down>10。QB#9藤原は大東大型DLに真っ向勝負でドライブ開始、RB#24一見、#29三浦でボールコントロール攻撃を展開する。

続きを読む 2004年度3部リーグ戦:大東文化大学ワイルドボアーズ戦

2003年度2部リーグ戦:城西大学ベアーズ戦

20031025pic10月25日(土)今年初のスタジアムゲームとなった城西大学ベアーズとの一戦が上空をジェット機が飛び交う大井第2球技場で行われた。城西大も花咲徳栄、埼玉栄、浦和学院とリカオン選手と同じ高校出身者が多く、かつてのチームメイトが両校のプライドをかけて火花散らすハードな試合だ。商大R#86堀口のリターンで試合開始。商大自陣30ヤード地点から攻撃開始、QB#10藤原の投じたパスが城西DBにインターセプト、一発目からターンオーバーとなった。動揺する商大Dを追い討ちをかけるように城西TE#81鈴木にロングパスが決まりエンドゾーン前2ydsまで進み、RB#31森本のダイブが炸裂TD0-7(TFP○)。商大Oは、RB#29三浦、#24一見でランアタックを試みるも1down獲れずパント。ナイスパントで押し込み城西自陣16yds地点からの攻撃。立ち上がり堅さが目立つ商大Dを尻目に城西RB#31森本が真ん中・左右と走り、連続1down更新。最後3ydsも#31森本に飛び込まれTD0-14(TFP○)。

続きを読む 2003年度2部リーグ戦:城西大学ベアーズ戦

2003年度2部リーグ戦:新潟大学タイガース戦

20031012pic10月12日午前中までの雨があがりグランド状態もまずまずの商大グランドにて第3節新潟大学タイガースを迎えての一戦が行われた。ここまで勝ち星なしの両チーム、まずは一勝してはずみをつけたいところである。1Q商大ラッシュによりキックオフ、商大にオフサイドがあり再キックとなったがK#27岡野が落ちついてキックし試合開始。新潟大Oはスカウティング通り真ん中のダイブプレーで組み立ててきたが商大D的確に反応し、シャットアウトでパント。パントもうまくリターンし敵陣45yds付近から攻撃。RB#29三浦がいきなりロングゲインで1down更新。RB#24一見もナイスランで連続1down更新。新潟大DがRBに集中しているところをQB#10藤原自らキープでエンドゾーン直前へボールを進める。最後は#24一見が新潟大DLを突破しTD7-0(TFP○)。

続きを読む 2003年度2部リーグ戦:新潟大学タイガース戦

2002年度3部リーグ戦:国際基督教大学アポッスルズ戦

20021020pic02年度リーグ戦も後半に入り、全勝同士の対決となった第3節国際基督教大学(ICU)アポッスルズ戦は、10月20日(日)雨中の泥濘戦になると思われたが選手の祈りが通じ雨はあがった。しかしグランドコンディションは悪い。全勝で来たこともありICUもスゴイ気合だ!いつもクールな商大選手はこの強敵にどう立ち向かうか?さぁ、キックオフだ!雨用ボールをティーにセットし#27岡野のキックで試合開始。ICU鮮やかなリバースリターンでハーフウェイ付近から攻撃。商大D、グランドのぬかるみに足を取られて1downを連続で許してしまうが、すぐ立直しICUパントで攻守交代。この所かなり安定してきているQB#10藤原がどうゲームをメイクしていくか期待である。3downロングを自らのキープで1ダウン更新。なかなかいいリズムで調子は良さそうだ。ICU守備はブリッツでQB藤原を狙う。しかし、これを察知したRB#49茂在が守備の穴を見つけオープンフィールドで加速しゴール前までロングゲイン。ゴール前でICU守備の抵抗があったが最後は#49茂在が飛び込んでTD、7-0(TFP○)。

続きを読む 2002年度3部リーグ戦:国際基督教大学アポッスルズ戦

2002年度3部リーグ戦:横浜市立大学ファイティングシーガルズ戦

20021006pic第2節、横浜市立大学ファイティングシーガルズ戦は10月6日ホーム商大グランドにて行なわれた。前試合の東農大vs宇都宮大戦が僅差の勝負だったため、商大選手も少し緊張気味だ。リターンにより試合開始、そんな緊張を払拭するかのようにQB#10藤原のバズーガ砲が炸裂!WR#21加藤へのパスがロングゲインとなり、ランをはさんで4プレイ目、商大のステルス戦闘機WR#5小山に素晴らしいパスが通りTD。TFPも成功し7-0で先制する。横市大もモーションからの攻撃で揺さぶりをかけ、パスキャッチからのロングランで商大ゴール前まで進むがLB#39伊藤のボールタックルでファンブル、DB#27岡野が確保しターンオーバーとなる。自陣15ydsからの攻撃シリーズもエースRB#49茂在の60yds近いロングランでTD、13-0(TFP失敗)。2Qに入ると横市大にズルズルとドライブを許し、一瞬の隙間をQBにキープされ10ydsランでTD、TFPは失敗し13-6と展開がわからなくなる。

続きを読む 2002年度3部リーグ戦:横浜市立大学ファイティングシーガルズ戦

2001年度3部リーグ戦:東京学芸大学スネイルズ戦

20011021pic第2節とうってかわり晴天となった10月21日(日)の商大グランド。昨年は無難に退けた東京学芸大学スネイルズとの1戦だ。昨年とほぼ同人数の層の厚いチームで前節産能大に敗れ、背水の陣で気合充分!どう立ち向かうかリカオンピクタス・・・!

商大名物応援団の大太鼓とともに商大キックラッシュでゲーム開始。気合充分でダイブ、ブラストとパワー系のランプレーで押してくる学芸O。アジャストできずに後退気味の商大D学芸QBの投じたパスに反応しナイスディフェンスの商大DB#27岡野!しかしタイミングが少しずれて惜しくも「パスインターフェアー」の反則を取られ自陣23yds付近から学芸大1ダウンの攻撃に!オプションのQBキープで学芸大あっさりTD!

続きを読む 2001年度3部リーグ戦:東京学芸大学スネイルズ戦