「nov_11」タグアーカイブ

2004年度3部リーグ戦:成蹊大学ゼルコバーズ戦

20041010pic前日に関東直撃台風が来襲、天候がかなり心配された10月10日(日)商大グランドでリーグ戦第2節、成蹊大学ゼルコバーズとの試合が行われた。本来ならばグランドは泥濘化しコンディション最悪状態のはずだが今年は違う!ほんの数日前に工事が完了しリニューアルした人工芝グランドになったからだ。前試合の選手ジャージもドロドロ汚れは皆無、水ハケ最高で前日の雨量が全く考えられないような最高のコンディションだ。緊張の中セレモニーは粛々と進行し、商大ラッシュによりキックオフ、商大タックラーの甘さをつき成蹊R自陣40ydsまでリターンして1down>10。真ん中、オープンと商大Dは前節白鴎戦で見せた完璧Dを展開しシャットアウト、成蹊Oをパントに追い込む。成蹊Kのロングパントで商大O自陣13yds地点から1down>10。QB#9藤原はRB#29三浦でランアタックを試みるが成蹊DL・LBの素早いリアクションで封鎖されパント。

続きを読む 2004年度3部リーグ戦:成蹊大学ゼルコバーズ戦

2003年度2部リーグ戦:武蔵工業大学ヘリオス戦

20031116pic11月16日(日)低気圧の通過で突風吹き荒れる川崎等々力スタジアムにおいてリーグ戦第6戦武蔵工業大学ヘリオスとの試合が行われた。ここ2試合信じられないようなミスが続き、星を落としている商大リカオンピクタスにとって絶対に落とせない大事な試合となる。何とか踏みとどまりたい商大のキックで試合開始。武蔵工Oの1シリーズ目を難なく止めてパント。自陣38yds地点からの攻撃。フォーメーションの確認が悪く、ラインメンが多くなり5yds罰退。最初からイヤな予感だ。予感が的中し自陣でファンブル・・・武蔵工Dに押さえられ攻守交代!またまた最悪のスタートとなった。武蔵工Oに代わり手堅くRB#33津田のランを中心にドライブ、最後も1ydsを持ち込みTD0-6(TFP×)。早々に先取点を許した。次のシリーズも徹底的に武蔵工DはQB#10藤原にプレッシャーをかけマーク。押し戻され1downも獲れずパント。武蔵工Oもドライブするが4downとなりギャンブルに出るが失敗で攻守交代。

続きを読む 2003年度2部リーグ戦:武蔵工業大学ヘリオス戦

2003年度2部リーグ戦:防衛大学校カデッツ戦

20031102pic11月2日(日)11月とは思えないくらい暖かい防衛大学校走水グランドでリーグ戦第5節防衛大学校カデッツとの試合が行われた。防大は部員80人と素晴らしいアスリート揃い強豪校である。商大リカオンは、前泊者を含め、横須賀まで朝一で遠征して来た。前回城西大戦での修正がどこまでできているかが「カギ」となりそうだ。商大K#27岡野のキックで試合開始。防大Oの1プレー目はランプレー、商大DL・LB陣がタックルをミスし、スクリメージラインを突破され独走。DBもカバーが遅れTD0-7(TFP○)。大丈夫か商大リカオン???しかし次の商大OシリーズはQB#10藤原が落ち着いてドライブを開始。RB#29三浦・#24一見のランにWR#5小山・#26岩上・#86堀口のレシーバー陣がが確実にゲインするも3回目の1ダウンが獲れずパント。しかしこのパントを防大Rがファンブルし商大Pチームが押さえて、攻撃続行。#29三浦を3連続で走らせTD7-7(TFP○)。

続きを読む 2003年度2部リーグ戦:防衛大学校カデッツ戦

2002年度3部リーグ戦:宇都宮大学ブルファイターズ戦

20021124pic11月24日(日)曇り。最終戦を迎えた商大グラウンドに赤のリカオンが帰ってきた。最終戦の相手はブッロク屈指の大型ラインを配する宇都宮大学ブルファイターズだ。今にも泣き出しそうな天気の中セレモニーが終わり、商大リターンにより試合開始。入替戦に備えてか商大OユニットはOL・WRは変更なしだが、QB#21加藤、RBは#32星、#1三浦という若手の布陣でスタート。ランは宇大DLに阻まれるもののパスはミドルが連続成功し、1down更新だ。しかし経験不足がたたってか敵陣に攻め込んだところでインターセプトされ攻守交代。宇大Oも商大の全勝優勝を阻むべく、大型ラインを活かしたパワーフットボールを展開、変則モーションからガンガン攻める。今1つキレのない商大Dのスキを突き1down連続更新。試合勘が取り戻せないまま、ズルズルと後退して行く。しかし、宇大QBが投げた内に入るパスをLB#42保土田がインターセプト!攻守交代となる。

続きを読む 2002年度3部リーグ戦:宇都宮大学ブルファイターズ戦

2002年度3部リーグ戦:東京農業大学アギーズ戦

20021104picとうとうやって来ました優勝をかけた大一番!第4節東京農業大学アギーズ戦が秋空が晴れ渡る11月4日(祝)、商大グランドにて行われた。折りしも商大は学祭の最中で一般の観衆もたくさん来ている。商大選手たちは試合前のアップでもリラックスしていて、動きがいい。かたや商大の倍の選手を擁する東農大は多少緊張感があるのか威圧感はそれほどないようだ。静かにセレモニーが終わり、浜田主将の「絶対勝つぞー!」と気合の一言でハドルも一気に高潮していく。商大はリターンを選択、さぁ、キックオフだ。リターンは東農大の早いつぶしにあい、自陣40yds付近から攻撃。商大Oはなんとショットガンフォーメーションからドライブ開始だ。ショート、ミドルパスを織り交ぜ、時折見せるQB#10藤原のランが効果的で東農大Dは全くアジャストできない。1バックのRB#49茂在の縦の切れ味も抜群だ。完璧なドライブでゴール前へ進み最後は#10藤原が飛び込み先制のTD、6-0(TFP失敗)。

続きを読む 2002年度3部リーグ戦:東京農業大学アギーズ戦

2001年度3部リーグ戦:国士館大学ライナセロス戦

20011118pic11月18日(日)2001年度リーグ戦最終戦を迎え、千葉商大リカオンピクタスは昨年の2部リーグ校国士舘大学ライナセロスと冷たいカクテル光線に照らされる等々力野球場で対戦した。2部入れ替え戦の道は閉ざされたとはいえ、4年生にとっては総仕上げの最終戦でどんな戦いかたをするか鼓動は高鳴る。

さあ、商大リターンでKickoffだ。#5小山は速いつぶしにあい、自陣25ydsからの攻撃、まずはランで様子をみるが国士舘Dの重量ラインに止められパント。商大Dもうまくアジャストして互角の勝負と見た。最初にチャンスを得たのは商大OだったがTDは狙わず、FGにトライし惜しくもNG!一進一退のまま0-0で2Qへ突入。

続きを読む 2001年度3部リーグ戦:国士館大学ライナセロス戦

2001年度3部リーグ戦:産能大学ウイングス戦

20011103pic今シーズン初の遠征試合となった11月3日(祝)の産能大学ウイングス戦。前試合の国士舘大が東京学芸大に0-21と完封されて、現時点で1敗が4校、サバイバル戦に残るのはリカオンピクタスかウイングスか・・・?今日も息詰まるゲームになりそうだ。小雨まじりの中、都心より離れた産能大グランドは吐く息も白い。

コイントスによりリカオンレシーブでキックオフだ!#49茂在のナイスリターンによりハーフウエイ付近から攻撃、ベーシックなハンドオフで突破を試みるが産能Dはなかなか動きが良く、パント。商大Dは主将赤羽をMLBに備え4-3の鉄壁の布陣でラインの動きも良く止めているぞ・・・今日は気合が乗っていて良い感じだ。一進一退のまま1Q終了。

続きを読む 2001年度3部リーグ戦:産能大学ウイングス戦