「oct_10」タグアーカイブ

2010年度3部リーグ戦:東京外国語大学ファントムズ戦 

20101010pic10月10日、日曜日埼玉大学北浦和グランドにてリーグ戦第2戦目東京外国語大学ファントムズとの試合が行われた。朝まで降り続いていた激しい雨で土グランドは水田状態、強烈なランアタックが武器の外語大にどう挑む商大リカオン。小雨がぱらつく中、セレモニー開始、50人を擁する外語大に対して商大はいつもの12人。宮間主将・横田副将ともに眼光鋭く対戦相手幹部とコイントス!レシーブを選択して試合開始。外語大のキックをR#43吉田がキャッチしてリターン。自陣43ydsから1down>10、ドロドロのグランドにスナップ乱れて3&outでパント。パントはなんとか転がり外語大陣内自陣26yds地点から1down>10、外語大TB#1は俊足で、カットもうまく、サイズもある、ブロックを代表するRBでこのポイントゲッターを止めない限り商大リカオンがアドバンテージを握ることはない!

続きを読む 2010年度3部リーグ戦:東京外国語大学ファントムズ戦 

2009年度3部リーグ戦:亜細亜大学エンジェルス戦

20091025pic10月25日(日)冷たい風が吹きつける曇天の商大グラウンドにてリーグ戦第3戦目、亜細亜大学エンジェルス戦が行われた。今シーズン最後のホームゲームで観客も多く気合いが入るリカオン選手、しかし前節までのケガ・故障は完全に治っていない選手ばかりだ。もう後がない09年のリーグ戦、主将沼野・副将鈴木(寛)を中心に死力を尽くして戦うしかない。亜細亜リターンでキックオフ。キックは浅かったが商大カバーがナイスタックルで自陣42yds地点から1down10。商大D#毎度ながら立ち上がりの動き硬く、亜細亜O#ランで1down更新を許す。しかし、次のシリーズはセカンダリーの動きがよくなりハードタックル連発でパントに追い込んだ。このパント、風とナイス転がりで商大エンドゾーンすぐのところまで地域を押し戻してデッド。商大自陣5yds地点から1down10。QB#12鈴木(快)、RB#1鈴木(寛)、RB#5沼野のバックス陣でセット。両RBを使ったランプレーでドライブ開始。

続きを読む 2009年度3部リーグ戦:亜細亜大学エンジェルス戦

2009年度3部リーグ戦:首都大学東京スクラッパーズ戦

20091010pic午前中の黒い雲がかき消され青空晴天になった大井第2球技場にてリーグ戦第2戦目の首都大学東京スクラッパーズ戦が行われた。大井第2球技場では04年の入替戦で城西大に勝利してから勝ち星に見放され、05年学習院大、06年高千穂大、07年上智大と3連敗中の相性のあまり良くないグラウンドである。この大井の呪縛を打ち破れるか商大リカオン。セレモニーが終わりコイントス、商大レシーブにて試合開始。首都大キックはそれほど飛ばずに2線の#14吉田がキャッチしてデッド。自陣40yds地点から1down10。初戦と同じようにQB#12鈴木(快)、RB#1鈴木(寛)、RB#5沼野のバックス陣でセット、#1鈴木(寛)、#5沼野ベースプレーできっちり1downを更新しドライブスタート。WR#87横田へのパスも決まり連続1down更新、しかしここから首都大DのブリッツDでランプレーを封鎖されて4downでパント。P沼野スナップを受けてパントしたがラッシュしてきた首都大DLにブロックされてほとんど地域挽回できないまま攻守交代。

続きを読む 2009年度3部リーグ戦:首都大学東京スクラッパーズ戦

2008年度3部リーグ戦:城西大学ビーライノス戦

20081109pic2試合のアミノバイタルフィールド遠征を終え、ホームグランドに帰ってきた赤メッシュの商大リカオン。前試合で成蹊大が上智大に勝利したためDブロックの優勝は成蹊大に決定した。しかしリーグ戦はまだ終わっていない・・・江口先生、北川先生をはじめとする学校関係者、OB、父母会とたくさんのサポーターが商大グランドに集まり、小雨まじりのウエットなコンディションの中、城西大ビーライノスを迎えての第4戦が行われた。井野主将に続き前節で故障した#52野澤も欠場、今日の試合もかなり厳しいゲームになりそうだ。第1Q商大レシーブで試合開始、城西ラッシュチームのスピードあるカバーで商大O自陣31yds地点から1down10。

続きを読む 2008年度3部リーグ戦:城西大学ビーライノス戦

2008年度3部リーグ戦:成蹊大学ゼルコバーズ戦

20081025pic前日の大雨で人工芝が乾ききっていないアミノバイタルフィールドにて10月25日(土)第3節成蹊大学ゼルコバーズ戦が行われた。主将・井野を故障で欠く形になり精神的支柱を失ったリカオンピクタス、かなり厳しい戦いが予想される。成蹊大はここまで負けなしの2勝、商大も2勝とどちらも負けられない一戦である。商大K#8鈴木敦のキックで試合開始、低い弾道のキックで成蹊リターン、自陣44yds地点から1down10。真ん中のランが商大DLを打ち抜き30ydsロングゲインで商大陣内33ydsまで進みいきなりの1down更新。立ち上がり浮き足だっている商大D、大丈夫か?このあと成蹊QBが連続エクスチェンジミスでボールを後逸するもQB自ら押さえてターンオーバーならず。

続きを読む 2008年度3部リーグ戦:成蹊大学ゼルコバーズ戦

2008年度3部リーグ戦:大東文化大学ワイルドボアーズ戦

20081013pic体育の日で祝日となった10月13日に第2節大東文化大学ワイルドボアーズ戦が行われた。前節とはガラりと変わり太陽光線が強く照りつけるアミノバイタルフィールドにはOB、父母、学校関係者が大勢集まりスタンドがにぎやかだ。対戦相手の大東大は伝統の大型ラインを配置し、多人数のマンパワーでグイグイ押してくるチームである。セレモニーが始まりチームエリアにも緊張が漂う。商大レシーブにて試合開始。リターンは大東ラッシュチームにカバーされて自陣22yds地点から1down10。QB#5沼野、ショットガンから1stプレーはパス。しかしミドルレンジに投じたパスは大東LBにインターセプト!いきなりのターンオーバーで攻守交代。

続きを読む 2008年度3部リーグ戦:大東文化大学ワイルドボアーズ戦

2007年度3部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

20071020pic前夜からの雨も上がり涼しげな雲が漂う大井第2球技場にて第3戦目上智大学戦が行われた。商大リターンにて試合開始。R#1鈴木(寛)がリターンし、商大自陣23yds地点から1down>10。RB#1鈴木(寛)が気合いのランで14ydsゲインし、1down更新。次のシリーズはQB#5沼野の2回のキープと#1鈴木のランで4ダウン残り1yds、自陣ながらパントせず4downギャンブルを敢行、しかし上智Dの厚い守備に阻まれ攻守交代。上智O敵陣45yds地点から1down>10。予想はされていたがいきなりのロングパス、DB#1鈴木がレシーバーに接触してしまいインターフェア15yds罰退で1down>10。Ⅰフォーメーションから上智RBのダイブ、オープンで即TD!0-6(TFP×)。

続きを読む 2007年度3部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

2007年度3部リーグ戦:埼玉大学プリムローズ戦

20071007pic雲一つない秋晴れのアミノバイタルフィールドにて第2戦目埼玉大学戦が行われた。商大K#1鈴木(寛)のキックで試合開始。埼玉大自陣38ydsから1down>10。いきなり埼玉QBファンブルするも自らリカバーし、事なきを得る。その後のラン攻撃は商大Dがカバーしパント。パントR#37宮間、キャッチングし前進しタックラーに突っ込んでいくその瞬間、ボールをファンブル。埼玉大にリカバーされてターンオーバー引き続き埼玉大の攻撃となった。商大陣41ydsから1down>10。DB#1鈴木(寛)、LB#37宮間が懸命にタックルしランを止めたが、3downでパスを通されゴール前1yd。ここは埼玉大#49RBに突っ込まれてTD0-6(TFP×)先制点を許す。

続きを読む 2007年度3部リーグ戦:埼玉大学プリムローズ戦

2006年度3部リーグ戦:東京国際大学ドルフィンズ戦

20061022pic今シーズン、最後のホームゲームとなる東京国際大学ドルフィンズ戦が10月22日(日)商大グランドで行われた。第一試合が同一リーグの対戦だったこととOB・父母がたくさん観戦に出向いてくれたのでグランドに心地よい緊張感が漂う。そんな中セレモニーが粛々と行われ、商大レシーブでキックオフ!Rは#19野澤。確実にキャッチして突っ込んでいくが東国の素早いつぶしにあい自陣32yds地点より1down>10。1プレーはQB#7吉岡からWR#20田口へのロングパス。惜しくもオーバーしたが#20田口も気合いで東国DBを抜き去りダイビングキャッチを試みてナイスファイト。再スタートでRB#5沼野、#4岩上、ともに熱い走りを見せ1down連続更新。東国Dのフェイスクマスクの反則罰退をきっかけに#4岩上のラン、WR#20田口へのパスとビシッビシッと前進し、そのリズムは前節の立正戦を彷彿させる。ここで#5沼野がサイドライン際を走りきり先制TD!7-0(○)。

続きを読む 2006年度3部リーグ戦:東京国際大学ドルフィンズ戦

2006年度3部リーグ戦:立正大学ブルドッグス戦

20061007pic快晴の空にプロペラ機が行き来するアミノフィールドにて10月7日(土)第2節立正大学ブルドッグス戦が行われた。前節RB#8鈴木のアクシデントで全くいいところがなかった商大リカオンピクタスだが、鈴木も回復し今日は大爆発しそうな雰囲気である。上空に強風が旋回するように吹いていたため慎重に商大はレシーブを選択し試合開始。キャッチの目測を誤ったR#5沼野があまりも戻せず自陣6yds付近から1down>10。ベーシックプレーで様子見かと思われたが、QB#7吉岡は躊躇せずRB#8鈴木を使う。鈴木はオープンフィールドへ出るとギアチェンジしサイドライン際を独走し90ydsのTDラン7-0(○)となった。立正大レシーブ後自陣41yds付近から1down>10。立正Oはショートパスでまずは5ydsゲイン、QBキープをDB#20田口がビシっとタックルしノーゲイン、次の3ダウンも止めてパント。スナッパーのボールが浮いてキッカーがジャッグルする間にLB#42中川がハードヒット。攻撃せず敵陣にて攻守交代。敵陣31yds付近より商大の1down>10となった。

続きを読む 2006年度3部リーグ戦:立正大学ブルドッグス戦