2008年度3部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦

20080928pic週末からガラっと季節が入れ替わり、本格的な秋の到来を感じさせる9月28日(日)に2008年度リーグ戦が開幕した。シーズン当初からさまざまな問題が勃発し、一時はリーグ戦棄権?という厳しい事態まで至ったリカオンピクタス。その都度ミーティングを重ね、解体寸前のチームを何とかまとめてきた4年・3年のリーダーたち、どん底から這い上がってきた精神力をどこまで発揮できるか?またまた最少人数で臨む過酷なシーズンインである。初戦の相手は05年07年と叩きのめされている上智大学ゴールデンイーグルス!黒・金のユニフォームが威圧的だ。粛々とセレモニーが終わり商大リターンにて試合開始。上智のキックはサイドラインを割り、商大O自陣35yds地点から1down10。

QBは昨年に引き続き#5沼野、経験を積みどんな戦い方をしてくれるか楽しみである。まずはRB#8鈴木敦へハンドオフ、しかし上智Dの素早いタックルでノーゲイン。その後パスプレーも不成功でパント、P#5沼野のパントはナイス転がりで上智O自陣30yds地点から1down10。Iフォーメーション、1バックからストレートなランでプレーを組み立てる。1down更新されるもDB#9野木、LB#53宮間のタックルで上智Oパント。商大O、次のシリーズもシャットされパント。上智O自陣35yds地点からドライブ開始、ブラスト系のランアタックをキーにスィープ、パスを織りまぜ商大陣33yds地点まで前進。ここで商大セカンダリー陣#52野澤、#53宮間、#57兒玉が捨て身のタックルで防戦、4downギャンブルのパスも不成功に終わり上智Oの猛攻を凌いだ。2Qに入り、RB#8鈴木敦・#1鈴木寛のSSユニットが機能し始め、連続1down更新。OL#55井野の反則で下げられるもSB#7吉川がギリギリのパスをキャッチし、上智陣内に攻め込む。しかし上智Dのタックルで#5沼野、#8鈴木敦が止められて惜しくもパント。商大Dもライン戦では押し込まれるもセカンダリーの懸命のタックルで上智Oを前進させない。両チーム一進一退の互角の勝負、モメンタムはどちらに傾くのか?そして商大O自陣35yds地点から1down10。WR#20田口にミドルパスがヒット、一気に上智陣内へ。#5沼野、#8鈴木敦のランアタックで上智エンドゾーンまで11yds。ここで昨年の大ケガから完全復活したWR#20田口が渾身のパスキャッチでTD!0-7(TFP○)。ここでやっと試合が動いた。商大キックの後、上智O自陣30yds地点から怒涛の猛攻!前半の残り時間は少ない。ラン、パスとバランスの取れた攻撃で連続1down更新、あっという間に商大陣内に攻め込まれる。ズルズル行ってしまうのか?しかしここで商大LB#52野澤がサック!上智Oが浮き足出す。そして次のプレーで投じたパスをDB#20田口がインターセプト。田口の攻守にわたる活躍で前半を終了した。

1TDの最少得点差でリードはしているものの、1,2部常連校の上智がどんな攻撃を仕掛けてくるか?上智リターンで3Q開始。上智自陣40yds地点からドライブ開始。完全に勝っているライン戦でゴリゴリのランプレー、LB#57兒玉が懸命のタックルに行くがドライブは止まらない。商大陣に入り、必死のDで上智ランプレーが止まった。しかしここでDB#1鈴木寛が反則を取られ15yds罰退。商大エンドゾーンまで残り11yds!絶対絶命のレッドゾーン圏内だ。ここでDL#58月田のタックルで押し戻すも、最後はラインを割られTD7-7(TFP○)。こうなると押せ押せムードの上智サイド、立ち向かえるか商大リカオン。上智キックの早いつぶしで商大O自陣26yds地点から1down10。商大Oランプレー、しかしこのプレーの間にルール強化されたチョップブロックの反則で15yds罰退。自陣深くに下げられてプレー再開するも上智Dの凄まじいラッシュで#5沼野がサック。エンドゾーンを背負い何もできないまま4down。エンドゾーンからのパントで厳しいポジション、さらに強烈な上智ラッシュがP沼野を襲う。パントはあまり飛ばずに上智Oに攻守交代かと思われたその瞬間、イエローが舞った・・・どっちの反則だ?イエローフラッグは上智DのC#51清水へのコンタクトファールで、自陣20ydsから1downと商大O一気に蘇生!九死に一生を得た商大OはSSユニットがパワー全開!RB#1鈴木寛のパワフルラン、#8鈴木敦#5沼野もフルスピード駆け上がり、ハーフウェイ付近まで押し戻す。上智Dがラン偏重になった瞬間、鮮やかなパスが#5沼野からWR#87横田に通り55ydsを走ってTD7-14(TFP○)。しかし時間はまだまだたっぷりある。商大キックラッシュの後、上智O自陣39yds地点から再び怒涛の猛攻開始!RB#49のランが商大Dラインをことごとく突き破る。商大セカンダリー陣もロングゲインを防ぐのやっとで必死のタックル。上智Oが商大陣内深くに入り、ここで3Qから4Qへ・・・

商大エンドゾーンまで11yds。ここで上智Oランアタックに対応できずTD14-14(TFP○)。またまた同点になった。数的には絶対不利な商大リカオンピクタス。ほとんどの選手が攻守フル出で疲れもピークに達しているが大丈夫か?上智キックラッシュで試合再開。商大O自陣30yds地点から1down10。#1鈴木寛のランがラインにつぶされ、力はもう残ってないのかと思った瞬間、#8鈴木敦がスルスルとスクリメージラインを突破しオープンに出た。ここから一気に加速、上智DBを抜き去りTD14-20(TFP×)。TFPの失敗がどうなるか?商大キックの後、残り時間はまだ8分ある・・・頑張れリカオン!再び上智Oの猛攻が商大Dラインを突き破る。激しいドライブで連続1down更新。しかし商大LB#53宮間もハードタックルで応戦。上智O商大陣22yds地点までドライブするも4down!ここでギャンブルするも届かず攻守交代。セーフティリードまでもう1本欲しい商大リカオン、気落ちした上智Dに#1鈴木寛、#8鈴木敦のランが時間を消費しながら前進。ここで#5沼野がオープンから上智タックルをかわしてサイドラインを疾走、最後はエンドゾーン倒れこんでTD14-27(TFP○)。ダメ押しのTDが入った!この後、上智のパス攻撃を凌ぎきり、初戦の勝利をもぎ取った。

2008年9月28日千葉商大Gr.13:30キックオフ(第1節)
チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス0771327
上智大学ゴールデンイーグルス007714

「2008年度3部リーグ戦:上智大学ゴールデンイーグルス戦」への4件のフィードバック

  1. 少し遅くなったけど初戦おめでとうございます。13日は、応援にいきます。メンバーは、少ないようですがその分多く中身の濃い練習ができると前向きに考えてください。頑張れ

  2. 初戦おめでとうございます。見に行ってよかったと思いました。
    ところでリカオンピクタスのジャージとかってどこに売ってるんですか?

  3. 初戦での勝利おめでとうございます!
    感動しました,次回の試合楽しみにしています。 

    頑張れ、リカオン。

コメントは停止中です。