2006年度3部リーグ戦:首都大学東京スクラッパーズ戦

20061123pic11月23日、重く雲が覆っている南大沢・首都大東京グランドでリーグ最終戦が行われた。立正大、東京国際大に連勝するも前節、高千穂大イーグルスに痛い星を落とした商大リカオン。岩上主将を始めとする4年生にも最後は笑顔で締めくくって欲しい気合の入る一戦である。商大がリターンでR#5沼野、首都大のキックは伸びて深い位置からリターン。首都大カバーチームも早く20yds超えたところでデッド。商大O#自陣26yds地点から1down>10。QB#7吉岡、WR#20田口にクイックパス。コントロール悪くパス不成功。RB#5沼野のラン、#4岩上のランで1down更新。ここから#5沼野のランで攻めるもdown更新できずパント。パントはナイス転がりで首都大O#自陣5yds地点から攻撃、真ん中ダイブ、オフタックルとエンドゾーンを背負ってのベースプレー。商大D#も立ち上がり硬さが目立ちタックルミスが多く、ハーフウェイ付近までドライブされてしまう。しかし修正早くアジャストしてシャット、down更新させずパント。商大Oリズムを掴めないまま#20田口へのパスも通らずパント。

首都大O#敵陣47yds地点から攻撃、QBからオプションピッチでロングゲイン。そしてコントロールされたポストパスで商大レッドゾーンへ。ここもまたQBキープで8ydsを走られTD0-7(TFP○)。首都大がまず先制した。2Qに入りなかなかドライブさせてもらえない商大O#。パス成功率の悪さが攻撃の流れを寸断している感じだ。TE#89渡部へのパスでdown更新、#5沼野のオープンも首都大セカンダリーのタックルミスも重なってロングゲイン!しかし#4岩上のランプレーの間にホールディングが発生し罰退、パス失敗の後、QB#7吉岡激しいサックでロス、down更新できずパント。首都大このパントをリターン、商大陣内まで突入してやっとタックルでデッド。エンドゾーンを背負って厳しいポジションの商大D#。しかしここで首都大O#にミス、QBからのピッチがそれてフリーボールになり、このボールをDB#1鈴木(寛)がリカバーしT.O攻守交代。商大O#前半残り時間をランプレーで流し前半終了となった。

首都大リターンで後半開始。K#1鈴木(寛)の蹴ったボールは首都大Rが中央でキャッチ、そこからブロッカーを巧みに使って前進、鋭いカットでオープンに出たら商大カバーは残り1人!あっさりかわされ独走でTD0-14(TFP○)。いきなりのリターンTDで意気消沈の商大リカオン。気持ちを新たにリターンに臨むも首都大カバレッジは厚く打ち破れない。商大O#自陣33yds地点から攻撃、#1鈴木のランは気合で持っていくもパスが決まらずパント。首都大パントRもキッチリ戻し、ランパスのバランス攻撃で怒涛のドライブで商大陣内へ。商大D#もねばりのタックルでTDを阻止したが31ydsFGを決められて0-17とさらに点差を広げられた。何とかきっかけを掴みたい商大O#だが#4岩上、#1鈴木のランだけでは手詰まりとなり大事なところでパスをポロリでは自滅の道を突き進む。4Qに入り、足も止まり始めた商大D#に容赦ない攻撃が降り注ぐ。ドライブから1TD追加されて0-24。さらに商大O#、TE#89渡部がパスキャッチの後ハードタックルを喰らいファンブル、T.O。攻守交代地点からあっさりTDで31-0となり、商大リカオン敗戦濃厚ムードで白旗掲揚。終了間際に商大DBのスカタックルで独走されてTD0-38(TFP○)。全くいいところなく0-38完封負けで2006年のシーズンを終了した。

2006年11月23日首都大Gr.13:30キックオフ(第5節)

チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス00000
首都大学東京スクラッパーズ70102138