2005年度2部リーグ戦:国士舘大学ライナセロス戦

20051030picいまだ勝ち星のない商大リカオンピクタス、パワーオフェンスの国士舘大学ライナセロスをホーム商大グランドへ迎えてのリーグ戦第5節が10月30日(日)行われた。薄曇の中、新しくなった人工芝グランドに立つリカオン選手、たくさんの父母、OBやOGの応援でやや緊張気味・・・大丈夫か?国士舘リターンでキックオフ、しかしこのリターンが商大ラッシュチームの切れ目を突破、あっという間にエンドゾーンに走りこまれ、いきなりのリターンTD0-7(TFP○)となった。商大リターンの後、ファーストプレイはロングパス、残念ながらレシーバーが追いつけずインコンプリート。次はリバースプレイ・・・しかし国士舘Dにアジャストされパント。パントは相手陣に押し戻したが、またまたディフェンスのタックルミスで国士舘自陣から80ydsを独走されTD0-14(TFP○)。ン~っ、商大選手はかなり浮き足立っている感じだ。

商大リターンの後、自陣25yds付近から1down>10。この試合RBに入っている#34井野と#8鈴木でこつこつゲイン、WR#11茂木へのパスも通りドライブするが続かずパント。国士舘O自陣から25ydsから攻撃開始。また真ん中を突かれて、ジリジリ後退する商大D、要所にパスも散らされ自陣奥深くまで攻め込まれる。最後はカウンターで完全に逆をつかれTD0-21(TFP○)。2Qに入りRB#34井野にプレーを集め突破を試みるも、商大OLが国士舘DLに完全にアドバンテージを握られシャットアウトでパント。国士舘Oはボールコントロールしながらパスでゲインを稼ぎ、無駄のないドライブでTD0-28(TFP○)。商大OはOLが国士舘DLに割られてしまうので#34井野と#8鈴木もハンドオフ即タックルでゲインできない。自陣からのパントを大きくリターンされTD0-35(TFP○)。商大Dは何とか国士舘Oにアジャストし始めたが、タックルが甘くセカンドエフォートでロングゲインを許してしまう。前半終了間際、連続タックルミスでロングゲインされてTDで0-42(TFP○)。商大リカオン全く何もできずに前半を終了した。

第3Q、商大R#20田口がナイスリターンで開始。自陣35yds付近から1down>10。WR#11茂木、#20田口にパスが通りはじめドライブ開始。しかし敵陣に入ったところでQB#7吉岡がハードサックを受けてバランスを崩し、後半最初のシリーズもパント。国士舘Oをハーフウエイ付近で何とか止めてパント。商大O自陣30yds付近から1down>10。しかしここまで何度となくハードタックルをまともに食らっていたRB#8鈴木が思わずファンブル、フリーボールを国士館にリカバーされ攻守交代。このポジションからじわじわ詰められTD0-49(TFP○)。商大Oはなすすべなく1downも更新できずにパント、国士舘もパスが通らずパント。自陣エンドゾーン直前から商大O1down>10。#8鈴木のランで1downを連続更新して危険域を脱したが自陣32yds付近、QB#7吉岡投じたパスを国士館DLがブロック、これを国士館LBがキャッチしエンドゾーンへ飛込みTD0-56(TFP○)。完全に意気消沈したまま4Qに入り、パスとオープンプレーでさらに3TDを追加され77-0(TFP○)で試合が終了した。なかなか開眼しない商大リカオンピクタス・・・あと2試合!死力をふり絞れ

2005年10月30日千葉商大Gr.13:30キックオフ(第5節)

チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス00000
国士館大学ライナセロス2121142177