2005年度2部リーグ戦:学習院大学ジェネラルズ戦

20051001pic2部最少人数18名で戦う商大リカオンピクタス・・・大差の連敗で精神的にも肉体的にも満身創痍の中、10月1日(土)大井第2球技場にて第3節、学習院大学ジェネラルズとの対戦が行われた。商大キックラッシュにて試合開始。ラッシングチームがうまく囲い込み学習院自陣30yds付近から攻撃開始。ショットガンからクイックパスを連続で決められ1down更新。浮き足立つ商大Dチーム。ここで学習院のQBがド真ん中にパワーラン、商大Dの甘いタックルもあり一気に商大陣30yds地点までロングゲイン!あぁ、今日も先制を許すのか・・・と思った瞬間、オープンをまくられTD0-6(TFP×)。商大リターンの後、商大自陣35yds付近から1down>10。RB#4岩上、#8鈴木のランは完全にマークされ学習院LBのタックルの餌食。ほとんどゲインできずにパント。学習院自陣45yds付近から攻撃。ショットガンからタイミングぴったりのミドルレンジへのパスが#1のWRに通り、商大DBも反応が遅れて独走を許しTD0-13(TFP○)。

商大Oパントの後、学習院Oもパントとなり商大パントR#8鈴木がナイスリターンで学習院陣内に進むも攻めきれずパント。学習院Oは自陣35yds付近から1down>10。パスとQBランを効果的に使いドライブ、商大Dズルズルと後退し最後はQBにエンドゾーンに飛び込まれTD0-20(TFP○)。いつもと同じような展開で2Qに入る。学習院Oは攻撃の手を緩めず、効果的にミドルパスを使い3連続TDで0-41(TFP○)。商大Oは守備でもP#7吉岡が自陣のパントをブロックされてエンドゾーン10yds前で攻守交代。QBに簡単に走られTD0-48(TFP○)。商大OはWR11茂木、#89渡部へのショートパスは通るがランは完封でパント。前半終了間際に学習院Oのパス攻撃にDBがタックルミス、エンドゾーンに飛び込まれてTD0-55(TFP○)。ベンチのムードも一気にしぼむ・・・何とか立て直してくれ!

第3Q、商大R#8鈴木がナイスリターンで開始。しかし懸命のQB#7吉岡のキープも10ydsには届かずパント。商大DはLB#42中川が身を挺したタックルでなんとか止め学習院Oをパントに追い込んだ。しかし風向き悪く学習院パントはナイス転がりで商大エンドゾーン8yds前まで到達、いきなり危険地域からの攻撃にRB#40池田を投入して脱出を試みるもまたしても少し足りずパント。学習院Dの早いパントつぶしにP#7吉岡、サイドラインに蹴り出すのがやっと、フィールドポジションは最悪なところで攻守交代となった。学習院Oは商大陣内でジワジワ攻めてTD0-62(TFP○)。その後商大Oは自陣のファンブルをきっかけに2TDを献上し0-76(TFP○)。4Qに入ると商大リカオン選手はガクッと運動量が落ちてしまい、タックルミスを連発、パスへのアジャストもズタズタで3TDを取られ0-98(2P○)で試合終了した。

ン~っ、今日は攻守ともに全くいいところなしで3連敗・・・生き残りをかけて残り試合をどう戦う?商大リカオオンピクタス!

2005年10月1日大井第2球技場16:00キックオフ(第3節)

チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス00000
学習院大学ジェネラルズ2035212298