2013年度エリアリーグ戦:茨城大学スターゲイザーズ戦

2013110901.pic11月9日土曜日、商大グランドにて今シーズン最終節茨城大学スターゲイザーズ戦が行われた。準加盟の東京理科大には今年の入替戦出場の権利がなく、この試合に勝利したチームが3部入替戦に出場できる大事な一戦である。午後遅い時間からの試合は照明必須のナイター戦だ。そしてチームを引っ張ってきてくれた酒井、吉田とマネージャーの椎谷ら4年生が最後になってしまうか?もう一試合できるかギリギリの試合でもある。セレモニーが終わり、マンパワーで圧倒する茨城大に負けない気合でハドルする商大リカオンピクタス!

勝利に向かって雄叫びをあげてグランドに散っていく。茨城大のリターンを何とか止めて茨城Oの自陣からの攻撃。いきなり完璧なブロックでまっすぐルートができRBが俊足で駆け抜けてゆく。商大S#14ニコラスのパシュートコースも悪くタックルに行けない。そのまま独走を許してTD6-0(PAT×)。いきなり先制点を開始1プレー目で取られてしまった。商大R#1小原、ファーストタックラーに捕まりながらも前進して、自陣35ydsからの攻撃。T#51池田をリードブロッカーに飛ばしてQB#1小原のスィーププレー7ydsゲインでデッド。RB#21佐藤にハンドオフしてdown更新。再度#21佐藤のランの後、WR#14ニコラスへアウトのパス、サイドライン際でキャッチしてdown更新。敵陣35ydsから1down>10、RB#2米倉のランはシャットされ、2downプレーアクションパス、エンドゾーンに走り込んだ#87吉田にいいボールがいったが手につかずパス失敗。3down>6、#1小原自ら持って走るも茨城大セカンダリーの集まり早く4downへ・・・ここで商大リカオン、ギャンブル!しかしど真ん中のRB#21佐藤のランはdown更新届かず攻守交代。茨城O自陣21ydsからの攻撃、ブラストプレーはLB#21佐藤が押されながらもタックルして2down、酒井、伊佐野が取られてオープンサイドにRBが出ていくところをDB#87吉田がストリッピングタックル、茨城大RBはボールをファンブル!これを吉田がリカバーして攻守交代。引き戻したモメンタムを生かしたい商大リカオンだがパス失敗とブリッツ対応できずにQB#1小原がサックを受けてロスしパント。パントはタッチバックとなり茨城大O自陣20ydsからの攻撃、ブラストをDL#75伊井がブロッカーもろともキャリアをタックルしてロス。怪力を見せつけた。このシリーズ3&outでパントに追い込み、パントもミートせずあまり飛ばずに商大O敵陣47ydsから1down>10。RB#21佐藤のオープンランはスルスルと抜けて8ydsゲイン。ここで1Qが終了し2Qへ。佐藤・米倉のランでドライブしてレッドゾーンへ前進。再度、佐藤・米倉と使って最後は#1小原のオプションキープでTD6-7(PAT○)。キックの後、茨城O自陣37ydsからの攻撃、中から外へプレーの組み立てに変化をつけてきた。しかし商大Dもアジャストして3&outでパント。商大O自陣39ydsからの攻撃、#2米倉スクリメージラインを抜けロングゲインかっ!と思ったらファンブルしてロスト。攻守交代で茨城大Oハーフウエイ付近から攻撃、ここで商大Dファール連発でじりじりと後退していく。レッドゾーンからパスプレー、#14ニコラスのポジション悪く、WRがフリーになってキャッチでTD13-7(PAT○)。キックの後、前半残り時間少なく怒涛のパスプレー、#87吉田はナイスキャッチで前進するも#2米倉に投じたパスは茨城大DBにインターセプトされ前半終了となった。先攻逃げ切り型のチームは追う展開には慣れていない。まして少人数の両メンチームはここからが正念場、後半になるとガタッと運動量が落ちて足が止まってくる。厳しいが先輩たちはここを何度も乗り越えてきた。頑張れリカオン!3Qは商大リターンで再開、茨城大キックはアウトに出て商大前進して攻撃権を得た。商大O自陣39ydsからの攻撃、前半同様に佐藤・米倉のラン、ニコラス・吉田へのパスを試みるも3&outでパント。P小原の蹴ったボールは高く上がり茨城大Rが目測を誤りファンブル!これを商大が押えて攻撃続行。敵陣40ydsからの攻撃、#21佐藤のランdown更新かと思われたが商大Oホールディングにより戻され、#21ランの後、#1小原のキープこれもロングゲインするものの、またホールディングにより戻されて前進できない。OLのステップがついていけなくなって上半身で処理しようとするとアングルから身体が離れてホールディングになる。ここは踏ん張りどこだぞ、商大ラインメン!QB#1小原速いタイミングでプレーアクションパス!WR#87吉田がちょうどDBを抜いたところにボールがコントロールされてキャッチ、そのまま走ってエンドゾーンまで5yds。ここはゴリゴリ真ん中か!しかし裏をかいて再び#87吉田へ浮かしたパス!吉田もジャンプ一番飛びついてキャッチしTD13-14(PAT○)再逆転にベンチからも歓声が飛ぶ。時間はまだたくさん残っている攻めまくるしかない。ここで商大カバーチーム、オンサイドキックを敢行。しかし10yds飛ばずにOBに出てしまい失敗。いいフィールドポジション得た茨城大Oはドライブ開始。ブラスト、スィープ、QBキープ、ショートパスとヤードを刻み、時間消費しながらレッドゾーンへ。商大D、前半より左右オープンのフォローが遅い。酒井・伊佐野が取られていると止まらない。残りインチをあっさり割られてTD19-14。PATは横に反れたが商大Dの反則でハーフディスタンス前進して再トライ。ここは2ポイントコンバージョンに変え、TD時と同様に真ん中のダイブで2Pコンバージョン成功で21-14(2P○)。また追う展開に逆戻り。商大O、焦ることはないが自陣45ydsから攻撃、ラン・パス絡めて進むもここぞという時ミスが出る。#1小原決死のキープで3down>Goalを狙うも速いタックルで4downに追い込まれる。4downはFGトライ!FGは茨城DLにブロックされて追加点は奪えぬまま攻守交代となった。茨城大O自陣26ydsからの攻撃、センタースクリーン、サイドを開いてスクリーンと連続down更新。敵陣45ydsからダイブ・スイープと餌をを蒔いてここでスイープフェイクからのプレーアクションパス!S#14ニコラスの頭上を通りエンドゾーンに向かってパスが投げられた。エンドゾーンに走り込んだ茨城大WRがしっかりキャッチしてTD28-14(PAT○)。時間もどんどん無くなっていくが商大リカオン、あきらめるな!怒涛のパス攻撃で攻めるもエンドゾーン間際で茨城大DBにインターセプトされて攻守交代。この攻撃権をニーダウンで時間を流して試合終了となった。

2013年11月9日千葉商大Gr.16:30キックオフ(最終節)
チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス077014
茨城大学スターゲイザーズ678728