2018101403,pic

2018年度エリアリーグ戦:千葉工業大学ホーネッツ戦

2018101402,pic10月14日日曜日千葉工業大学新習志野グランドにて2018年度リーグ戦初戦千葉工業大学ホーネッツ戦が行われた。前日の雨は朝方上がって曇天となり、少々蒸し暑いが降雨は免れそうだ。千葉工のキックカバーで試合開始、商大R#8小林(2年)が右にリターンして自陣40ydsまで戻す。商大自陣40ydsからの攻撃、Iフォーメーション、QB#7川村(3年)からRB#2中野(3年)にハンドオフ、大きくゲインしてdown更新。敵陣30yds地点から1down>10、QB#7川村からWR#14松本(3年)にパスが通りエンドゾーンまで4yds。
再びRB#2中野(3年)にハンドオフしブロッカーを使ってエンドゾーンを駆け抜けTD、商大6-0千葉工(PAT×)。まず最初のドライブをTDまで結びつけていいスタートきった商大リカオン。K#14松本のキックはOBで千葉工自陣35yds地点から攻撃、1downはパス失敗、2downはRBにハンドオフ。商大DLが早いつぶしでロスかと思われたがフェイスマスクに手がかかっていたというジャッジで15yds罰退down更新。千葉工自陣48yds地点から攻撃、DL#52大木(2年)、、DL#69櫻井(4年)の早いラッシュでゲインを許さず4downでパント。パントは短く#14松本が拾って前進を試みるもカバー早くゲインできずに商大の攻撃。商大自陣30ydsからの攻撃、RB#2中野、#8小林がゲインを重ねて連続down更新。敵陣に入りここからという時にQB#7川村のハンドオフが#2中野に入らずファンブルロストで攻守交代。千葉工自陣42yds地点から攻撃、RBがオフタックルを突くもLB#1川畑(1年)が押されながらもタックルしてゲインを止める。中央付近のラン攻撃をLB#54松丸(3年)が懸命にタックルにいくがdown更新で商大陣に突入。商大陣43yds地点より1down>10。パス失敗のあと、DL#52大木のハードタックルでノーゲイン。次のプレーも集まり早く4downに追い込む。ここで千葉工4downギャンブル、下がり目のフィールドにQBがランを仕掛けるもDB#7川村がすぐに反応してギャンブル失敗で攻守交代。商大自陣38ydsからの攻撃。変わらぬリズムでRB#2中野、#8小林がゲインを重ねてdownを更新して前進する。2Qに入りSB#14土倉(3年)のパスキャッチで前進するも次のランプレーでホールディングの反則で罰退。この後、連続パス失敗で4downパント。パントを大きくリターンされて千葉工敵陣48yds地点から攻撃、商大D#集まりよくゲインを阻止、3downロングでDL#55宮内(3年)がQBをサックして3&OUTでパントに追い込む。商大自陣40ydsからの攻撃、内側へのパスをインターセプトされて攻守交代。プレーが雑になってきたか商大O#。千葉工ハーフウエイ地点から攻撃、オープンプレーはDL・LBがしっかり守ってゲイン許さず、3downロングをLB#1川畑(1年)がQBを追い込みDLと挟み込んでロスタックル。4downの千葉工パントをR#2中野がオープンを駆け上がり敵陣30ydsまでリターンに成功した。商大敵陣30ydsからの攻撃、QB#7川村からSB#8小林にタイミングよくパスが通りそのままエンドゾーンに走り込みTD、商大14-0千葉工(2P○)。2minに入り千葉工の怒涛の攻撃もLB#8が小林インターセプトして攻守交代。商大#O、タイムアウトを使いながら前進するも時間なく前半が終了した。

後半は千葉工リターンで3Q開始。千葉工自陣36yds地点から攻撃、ここもDL#52大木が躍動しガツガツ止める。しかしギリギリdown更新されるも次のシリーズは集まりよく4downまで詰める。ここで千葉工4downギャンブル、ここも商大D#の集まりは変わらずゲインを阻止して攻守交代。QBに#2中野が入りRB#14松本を使って連続down更新。QB#7川村が戻り、WR#14松本へのパスでdown更新。WR#5清水(1年)にもうれしい初キャッチが成功して前進していく。レッドゾーン攻撃でWR#14松本のパスとセカンドエフォートでエンドゾーンまで残り2yds。再びQB#2中野RB#14松本ユニットでTD。商大21-0千葉工(PAT○)。千葉工もTDを取るべくランアタック開始。商大も故障者が出始めてポジションが目まぐるしく変わる。大丈夫か手負いのリカオン。4Qに入り千葉工O#が息を吹き返してダウン更新。千葉工敵陣35yds地点から攻撃、QB、RBでゲインを重ねる。商大D#足が止まり始めタックルが甘い。ここで主将#69櫻井がアウト。次のプレーアクションパスにDBが反応できずにTD。商大21-7千葉工(PAT○)。千葉工のキックはオフサイドで下がって蹴り直し。蹴り直しのキックはオンサイド気味のスクゥイズキックとなり2線が取ってリターンし、商大ハーフウエイ地点から攻撃。ここで治療中の#69櫻井が戻れず連続タイムアウトで時間を稼ぎ、再びフィールドに戻り主将の闘魂を注入する。攻撃再開でRB#8小林が懸命にランアタック、down更新で前進。敵陣に入るも次のパスプレーの間にチョップブロックの反則で15yds罰退で大きく下げられ、RB#21土倉、#14松本がゲインを重ねるも届かずパント。しかしここで#8小林もアウトで10人D#となり後ろが薄くなってしまう。千葉工自陣30yds地点から攻撃、ここを1枚S#21土倉がパスカットで凌ぎ、次のパスはキャッチされてdown更新となるがDB#2中野が戻り体勢を立て直す。再び#21土倉がパスカットし、千葉工自陣より4downギャンブル。このパスも通らず攻守交代。商大敵陣40ydsからの攻撃。QB#7川村キープでオープンに展開するもLBにカバーされて無理せずニーダウン。時間消費しながら攻撃を仕掛けるも3&OUTでパント。P#14松本はパントをサイドラインに蹴り出し攻守交代。残り時間は20秒、千葉工も無理せずランプレーで時間を進めタイムアップとなった。

2018101401,pic
2018101404,pic
2018101403,pic

2018年10月14日千葉工大Gr.13:45キックオフ(第1節)
チーム名1Q2Q3Q4Q
千葉商科大学リカオンピクタス687021
千葉工業大学ホーネッツ00077

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください